同棲カップルにオススメ!コアラマットレスの詳細記事⇒ CLICK

【値切れる!?】同棲カップルの賃貸物件の探し方から契約まで〜初期費用を安くする方法〜

今回は僕達が同棲を始める際に賃貸物件を探した方法初期費用を安くできた話をしていきたいと思います。

こんな人にオススメ
  • これから同棲や一人暮らしを始める方
  • 賃貸物件の初期費用を安くしたい方

ちなみに僕たちは初期費用を27000円も安くすることができたので、是非最後までご覧ください。

ポイントだけが知りたい方はポイントまでジャンプ!

同棲にオススメの物件の条件が知りたい方はこちら

それでは紹介しています。

目次

物件の契約までの手順

物件の契約まではこのようなステップになります。

STEP
検索サイトやアプリで条件に合う物件を探す
STEP
不動産屋に行き、内見をする
STEP
複数の不動産屋に見積もりを取る
STEP
契約をする

希望の物件を見つけるのは大変なので引っ越し予定の1〜2ヶ月前には物件を探しはじめた方が良いと思います。

僕は契約したのは10月末ですが夏頃からずっと物件を探していました😂

ポチのアイコン画像ポチ

あの頃は物件を探す事が趣味でした(笑)

オトのアイコン画像オト

ずっと調べてたよね(笑)

それでは1つ1つ詳しく説明していきますね。

検索サイトやアプリで条件に合う物件を探す

まずは検索サイトやアプリから物件を探しましょう。僕はSUUMOを使って探しました。

他のアプリやサイトも使いましたが、結局SUUMOが一番使いやすく、物件数も多かったです。

希望の条件を入れ、条件を保存しておくと新着物件を教えてくれるので僕は毎日確認していました😊

写真や条件を見て気に入った物件はお気に入りに登録し、その中で1位〜3位くらいまでランキングをつけましょう。

ランキングがつけられたら、1位の物件を扱っている不動産屋かランキング内の複数個の物件を扱っている不動産屋に、内見の予約をしましょう。

ポチのアイコン画像ポチ

この時点のランキングは内見するとガラッと変わると思うので、大まかにで良いと思います!

不動産屋さんに行き、内見をする

次は不動産屋さんに行き内見に行きましょう。

不動産屋さんでも希望の条件でオススメしてくれる物件もあると思うので、その中で希望の物件を選び内見に行きます。

※新築やまだ住んでいる人がいる場合内見できない場合も。その場合は似ている作りの部屋を見せてもらいましょう。

内見時のチェックポイント

  • 日当たり
  • 広さ、間取り(実際の生活をイメージして)
  • 遮音性
  • 搬入経路の広さ
  • 電波の入り具合
  • 周辺環境(スーパー、コンビニ等までの距離)

内見する際のチェックポイントはたくさんありますが、大まかに上記のポイントを気にして見ると良いと思います。

特に広さ、間取りは家具・家電を置く実際の生活をイメージしてみると使いやすい、使いにくい箇所が分かりやすいと思うので、沢山動き回ってみることをお勧めします!

ポチのアイコン画像ポチ

内見に行くと良いポイントとダメなポイントが分かるので、複数箇所に内見に行き、比べてみると良いと思います!

複数の不動産屋さんに見積もりを取る

ここで注意!!

内見でお気に入りの物件を見つけ、そこの物件に決めたとしてもすぐに契約することはやめましょう!!

なぜなら複数の不動産屋さんで見積もりを取ることで初期費用を安くすることができるかもしれないからです。

不動産屋さんによってはその場で申し込みを進めてくると思いますが、一度その場を離れ、メールや電話でその物件を取り扱っている他の不動産屋さんに初期費用の見積もりをとってもらいましょう。

安い不動産屋さんで契約することで初期費用を少しでも安くすることができます。

ポチのアイコン画像ポチ

僕たちの家は、2つの不動産屋さんしか扱っておらず、あまり選択肢がありませんでした・・・

物件を決め不動産屋さんを決めたら、ついに契約です。
しかし、すぐには契約しないでください!

ポチのアイコン画像ポチ

安い不動産屋さんを選びましたが、まだ安くできるかもっ!

初期費用には様々な費用が含まれていますが、次のポイントは安くできるかもしれません。

初期費用の交渉ポイント

初期費用の交渉ポイント
  • 仲介手数料:原則家賃の0.5ヶ月分と決まっている。1ヶ月分請求されていたら交渉の価値あり。
  • 家賃:若干高めに設定されているかも。少し下げてくれたら契約すると交渉すれば下がるかも…
  • 火災保険:不動産屋さん指定の保険は割高。自分で選んだ保険に出来るか確認してみるとグッド!
  • 害虫駆除・ハウスクリーニング等:内容を確認し不要であれば不要とし、自分でやると安くなるかも!
  • 保険会社加入料:家賃の50%が相場。それ以上高い場合は確認しよう!
ポチのアイコン画像ポチ

僕たちは仲介手数料と害虫駆除費を交渉し、初期費用を27,000円安くすることが出来ました!

契約した物件は新築で人気のある物件だった為、あまり大きな値引きは出来ませんでした。

ですが、これらを知っているだけで27,000円も安く出来たので、是非皆さんも交渉してみてください。

交渉する際はメールでのやりとりをオススメします。

直接だと言いずらいこともありますし、電話でのやりとりは証拠が残りません

メールだと不動産屋さんも逃げることができないので、メールで問い合わせてみると良いと思います。

いざ、契約

初期費用や契約内容に納得できたら、ついに契約です。

大量の書類にサイン、印鑑を押しまくります(笑)

ポチのアイコン画像ポチ

難しい話を聞いたり、サインを沢山書いたりで、すっごい疲れました!
1日予定がない日に行くことをオススメします😂

おわりに

お疲れ様でした。これで物件の契約まで終了です。

あとは受け渡しをしてもらい引っ越しするだけです。

引越しに関する記事はこちらから

ポチのアイコン画像ポチ

僕は賃貸物件を借りるのは初めてだったので、大変でしたが楽しくもありました!

新生活を始めるには沢山お金がかかるので、少しでも初期費用を安く出来るよう、皆雅もぜひ交渉してみてください。

もう一度、初期費用交渉時のポイントを確認しておきます。

初期費用の交渉ポイント
  • 仲介手数料:原則家賃の0.5ヶ月分と決まっている。1ヶ月分請求されていたら交渉の価値あり。
  • 家賃:若干高めに設定されているかも。少し下げてくれたら契約すると交渉すれば下がるかも…
  • 火災保険:不動産屋さん指定の保険は割高。自分で選んだ保険に出来るか確認してみるとグッド!
  • 害虫駆除・ハウスクリーニング等:内容を確認し不要であれば不要とし、自分でやると安くなるかも!
  • 保険会社加入料:家賃の50%が相場。それ以上高い場合は確認しよう!

これらのポイントは、この本を参考にしています。


ポチのアイコン画像ポチ

イラストが多く、わかりやすくてオススメです!

最後までご覧いただきありがとうございました。

ポチのアイコン画像ポチ

皆様も素敵な物件に出会えますように!

記事下広告

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事を書いた人

ポチのアバター ポチ 20代同棲カップルブロガー

24歳の理学療法士。
2020年9月から同棲カップルブログ運営中。
同棲に関する情報や経験談を発信しています!

2020年4月から積立NISA+iDeCo運用中しています。
マネーリテラシーに関する記事も書いていくのでよろしくお願いします!
Twitterもやっているのでどんどん絡んでください!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる